明日もこの部室で会いましょう 【普及版】 ※取り寄せ商品

RiddleSoft

明日もこの部室で会いましょう 【普及版】 ※取り寄せ商品

RiddleSoft
参考価格:: ¥ 3,024
売値: ¥ 2,580
OFF: ¥ 444 (15.0 %)

取寄せ商品です。ご予約可能です。

商品概要

主人公・樫尾 光は、二紺ヶ原学園写真部の副部長。
カメラを好きになって5年目だけど、いまだに「これだ」と思えるような方向性が定まらず、それが写真に出るのか、ここ半年ほどあまり良い写作品が撮れないでいた。

そんなある日、写真部は学生会から廃部勧告を受けることになる。
以前より、活動実績も乏しく人数も少ないのに、倉庫や暗室などスペースを多くとることを他部より批判されていた写真部のことが、学生会会議の場で議題にあげられたのだ。
このまま学生としての活動にふさわしい実績を、来年1月までに出せない場合、写真部は廃部になってしまう。
写真部部長のあずさは、全部員ひとりひとりに事態解決のための「目標」を決めていく。
だが主人公にだけは、何故か自分で考え自分で決めるようにと言った。
コンテストに出すなら、毎年年末頃に締めきりのある「星雲写真展」の大学生以下の部しかない。
または、冬に行う桃園祭という学園祭で、≪来場者投票上位入賞≫を狙うという手もある。
これは、秋に行われた修宴祭という学内際と違い、3年生や学外の人間も参加する学園祭で、投票上位ともなれば立派な活動実績と言えるし、狙う価値もある…かもしれない。

ただし撮るなら人物写真、それも女の子の写真を撮るようにと、顧問の先生と部長にキツく釘を刺されてしまった。
女の子を魅力的に撮ることが、あなたには出来るのだと言われたものの、大人しい性格の主人公にはなかなか言い出せず、また緊張してしまって上手く撮れずに失敗を重ねていた。
猶予として使える期限は、およそ二ヶ月と少し。その途中で行われる合宿までに被写体を決め、緊張しない程度に仲良くならないといけないのだ。
いや。
それ以前に主人公は目標を定めて、魅力的に撮りたいと思える相手を見つけるところからスタートしなければいけなかった…。

商品情報

製品No4573189920255
価格¥ 2,580
在庫 取寄せ商品です。ご予約可能です。
プラットフォーム
メディア DVD-ROM
ブランド RiddleSoft
ジャンル 僕たちの想いと思い出を写すADV
スペック
原画 七瀬葵
シナリオ 百合倉かえで